First slide image

受付時間

日・祝
午前 9:30-12:00
午後 14:00-18:00

『◎』15:00〜
『○』16:30迄
休診日:日曜・祝日
曜日別 担当医師 >

お問い合わせ・ご予約

文京区本郷4-17-9 平井ビル3F 地図はこちら

お知らせInformation

2020.06.09
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への当院の対応 を更新しました。
2020.04.13
曜日別・担当医師を更新しました。
詳細はこちら>
2019.11.20
会誌『8020』に掲載されました。
会誌『8020』に当医院平井院長の「東京都文京区における8020達成者の追跡調査」が掲載されました。
2019.11.20
デンタルインプラントコーディネーターの資格を取得
歯科衛生士の清水・坂牧が日本デンタルインプラントコーディネーター協会認定デンタルインプラントコーディネーターの資格を取得しました。インプラントについてお悩みなどございましたらお気軽にご相談ください!
2019.10.11
台風19号接近に伴う臨時休診(午後)のお知らせ

台風19号接近に伴い、10月12日(土)の診療を終日休診といたします。予めご了承ください。

2019.09.12
消費税率の引き上げに伴う当院契約書における税率変更のお知らせ
詳細はこちら>
2019.07.22
ネット予約終了のおしらせ
平井歯科医院で導入していたネット予約ですが、このたび終了することとなりました。
今後は、お電話のみのご予約 [TEL:03-3812-1155] とさせていただきます。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2019.04.09
歯科医師募集のおしらせ
平井歯科医院では、現在スタッフを募集しています。
[ 歯科医師(常勤・非常勤)/歯科衛生士/歯科助手/クリーンスタッフ]
求人情報をご覧の上、ご応募ください。求人情報
2018.11.29
年末年始の休みについて
12月30日~1月4日まで休診いたします。
12月29日は9時~16時までの応急対応のみの診療とさせていただきます。
2018.07.17
歯科医師募集のおしらせ
平井歯科医院では、現在歯科医師を募集しています。
求人情報をご覧の上、ご応募ください。求人情報
2018.07.04
7月9日(月)~11日(水)は、スタッフ研修のため応急対応のみの診療とさせていただきます。
2017.10.24
院長講演会のお知らせ (東京歯科大学同窓会学術講演会)
「人生の最期を人はどう迎えるか ~終末期における歯科医療の役割と可能性~」
2017.05.10
CAD/CAM
光学機械で3-Dで型を採ることができる、新しい機械を導入しました。
詳細はこちら>
2016.12.14
年末年始の休みについて
12月30日(金)〜 1月4日(水)まで休診いたします。
12月29日は9時〜16時までの応急対応のみの診療とさせていただきます。
2016.07.06
7月19日(火)~7月21日(木)はスタッフ研修のため応急対応のみの診療とさせていただきます。
2016.02.16
日経MOOK 掲載されました。
日経MOOK「あなたに合った歯医者さん2016年版」に当医院が掲載されました。
2016.02.16
クレジットカードの取り扱いが1日より可能になりました。
ご利用いただけるクレジットカードは、「VISA、マスター、JCB、UC、セゾン、デビット、銀聯」です。
※自由診療のみ対応可能です。
2016.02.16
年末年始の休みについて
12月30日(木)〜1月3日(日)まで休診いたします。

平井歯科医院が
30周年を迎えましたGreeting

平井歯科医院30周年を記念してスタッフ一同より、似顔絵をプレゼントしました。
診療室に飾っていますので、是非ご覧ください。

平井歯科30周年

今から31年前の昭和63年12月1日に平井歯科医院はスタートしました。開業当時は常勤スタッフ0人で、毎日ひとり必死に院内を駆け回っていました。

開業してからは、先輩方の叱咤激励、勉強会、国内外の学会や講習会、スタディーグループに、夢中でよく勉強をしてきたと思います。歯科医師会や同窓会学術の活動、ご縁があり歯科以外にも活動の幅を広げることができました。最近では自分自身が育てていただいたように、私も人を育てることに向き合ってきたように思います。

この30年いつの時も「主語は患者さん」という思いは変わらずにやってきました。今では約30名の頼もしいスタッフが力を貸してくれています。
そして現在も多くの患者さんに来院していただいていることに改めて心より感謝申し上げます。まだまだ成長してまいりますので、これからも平井歯科医院をどうぞよろしくお願い申し上げます。

平井基之

お悩み相談FAQ

お悩み相談をご希望のかたはオンライン歯科相談受付からご投稿ください。
患者様の治療に関する不安や疑問を解消するために、歯科医師 平井基之がお答えします。

お悩み相談一覧 >

2020年12月6日 48歳 女性

はじめまして。

私は歯科診療の際に、口を開け続けることができません。子供の頃は矯正歯科でいくらでも口を開け続けられたのですが、ある時から、唾が喉に引っかかるような気がして窒息しそうになり、口を開け続けることができなくなりました。唾を飲み込みたくて何度も口を閉じてしまいます。定期検診の口腔清掃の時も何度も器具を噛んでしまいます。また、型取りが大変で、パニックになってスタッフの方を煩わせながら何とかこなすといった有り様です。

通常の食事の際にも時折、食べたものを呑み込むことが出来ず悶絶することがあるので、おそらく自律神経の異常かと思います。内視鏡検査で咽頭や食道に問題ないことは確認しています。

ご相談ですが、最近の歯科治療ではラバーダムを使用して虫歯の治療をしますが、ますます口を動かせないのでとても苦しく、口を閉じると先生に怒られるので、調子が悪くても治療を受ける勇気が出ず、どうしても受診できません。特に奥歯の治療が怖くて困っています。

私のような患者さんはいないのでしょうか?パニック障害や嘔吐反射など、似たような精神的な問題がある患者に対して、先生はどういった対応をされていますか?教えてください。


2020年11月21日 47歳 女性

イギリス在住です。

11歳の息子が以前から左下奥歯の痛みを訴えており、コロナの影響でなかなか歯科を受診できなかったのですが、先日やっと診てもらうことができました。

素人目で見る限りでは第二大臼歯というのでしょうか、表面の一部が小さく茶色くなっており虫歯があるのはわかるのですが、常に痛みがあるわけではなく、ときどき固いものを食べるときに傷むそうです。ときどき夜寝られないことがあります。こちらの薬局で売られているOrajelという痛み止めで収まるようです。

父親が歯科に連れて行き、レントゲンを取ってもらったところ、内部に大きな穴が開いており、神経に達しているため抜くしかないと言われたとのことでした。根管治療という方法もあるが、若い歯には耐えられず成功の確率が低いため勧められないと。「幸いにもこれから親知らずが生えてきて、抜いた歯の部分にできる隙間を埋めてくれるから大丈夫だ」と言われたとのことでした。(ちなみに息子は来月12歳になりますが、標準より体が大きく、身長は170cmあります)

いきなり抜歯と言われてしまったことがショックです。日本で子供のときからずっと歯の治療を経験し、親知らず以外に抜いたのは何年も延命してもらっていた根本から歯が割れてしまいこの歳になって仕方なく抜いた1本しかない私には、11歳で歯を抜かなければならないというのがどうしても受け入れられません。

そこで平井先生にお伺いしたいのは、「子供の歯では根幹治療に耐えきれたいため即抜歯をしなければならない」ということはあるのでしょうか、ということです。このコロナ禍で新規で受け付けてくれる歯科医を探してセカンドオピニオンを受けるつもりではおりますが、日本の先生のご意見をお聞かせいただけると幸いです。

在英9年ですがこちらの歯科医療の日本との違いにまだ戸惑いや不安があるため、このようなサービスに感謝いたします。ありがとうございます。



地図Map

各種クレジットカード使えます。

※自費治療に限り、クレジットカードでのお支払いをご利用頂けます。

※webデジタルクレジット取り扱いしています。

受付時間

午前
午後

『◎』15:00〜
『○』16:30迄
休診日:日曜・祝日
曜日別 担当医師 >

月・水・木・金
9:30-12:00 / 14:00-18:00
9:30-12:00 / 15:00-18:00
9:30-12:00 / 14:00-16:30
休診日
日曜日、祝日